Kanhó Jakušidži, spievajúci zenový mních

Kanhó Jakušidži sa narodil v roku 1979 v japonskom meste Imabari, prefektúre Ehime. Jeho hudba je mixom buddhistických sútier, jazzu a chilloutu. Navyše ak rozumiete japonsky, texty sú skutočne krásne, vrelo odporúčam.

Srdcová sútra

Učenie o prázdnote (nestálosti) všetkých zložených javov.  Om gate gate, paragate, parasamgate, bodhi svaha… 🙂

 

Ty a ja, starí manželia (Omae to Anta)

 

おまえとあんた 作詞・作曲 薬師寺寛邦 目覚めるといつものまな板の音 丸い背中の後ろ姿 俺はあくびをしながらお茶をすすり いつものように家を出る  働いて 働いて 働き続けた そんな日々も今日で終わりさ 明日からは昔話でもしながら ゆっくり暮らそうか うれしかった日も 悲しかった日も 楽しかった日も 悔しかった日も ずっとそばにいて  そして今日がまた 当たり前のように過ぎてゆく おまえとあんた あんたとおまえ もう何回言い合ったのだろう おまえとあんた あんたとおまえ あと何回言い合えるだろう もうずいぶん長く暮らしてきたから お前のことはよくわかる お前の小言はちょっとうるさいけど 少ないとなぜか心配になる 気恥かしくてなかなか言えないが とにかく元気でいよう 軒先のつばめも巣立っていった もうすぐ夏がくる 変わらないもの 変わってしまったもの 「変わらないで」と願い続けるもの その狭間で生きて そして気付いてゆく 当たり前なんてないことを おまえとあんた あんたとおまえ もう何回言い合ったのだろう おまえとあんた あんたとおまえ あと何回言い合えるだろう おまえとあんた あんたとおまえ もうどれくらい 一緒にいただろう おまえとあんた あんたとおまえ あとどれくらい 一緒にいれるだろう おまえとあんた あんたとおまえ おまえとあんた あんたとおまえ

 

(preklad sa pripravuje…)

 

Mantra veľkého súcitu

Pridaj komentár

Vaša e-mailová adresa nebude zverejnená. Vyžadované polia sú označené *